2017年 10月 の投稿一覧

鼻下の脱毛として除毛クリームを

顔の産毛の処理方法というのはいくつもありますが、その一つとしてあるのが除毛クリームになります。除毛クリームによる自己処理方法というのはかなりよい方法になります。除毛というのは意外と簡単にできるようになっています。

使用する除毛クリームによっても違うことになりますから、これは覚悟しておきましょう。よくよく商品を選ぶようにすることです。やり方はそんなに難しいわけではないです。鼻下の脱毛のためにクリームを塗って、そして、そのまま流すだけになります。

これだけでそれなりに除毛することができるようになります。これは痛みが殆どないですから、そこも有難い点でしょう。カミソリや電動シェーバーのように広範囲でやることができます。これはやはり大きなメリットであるといえるでしょう。

しかし、除毛クリームで鼻下の脱毛をするのは多少なりともリスクがあります。それはどうしても強いからです。他の部分にも強い除毛を出すわけですから、どうしても肌の表面部分にも影響があるのです。

ですから、鼻下の除毛をするときには注意はしたほうがよいでしょう。赤くなったりしたら、利用を注意することです。それはまず確実にチェックしておくべきことになります。

【参考】女性の産毛対策には除毛クリームのノイス!

悩まされてきた鼻毛について

私は昔から体毛が濃く中学生や高校生の時に良く鼻毛を指摘されていたので、一番悩んでいました。伸びるのも早く、私だと一週間で少しだけ見えるくらい生えてきます。中学生の時は、一週間おきに、鼻毛用ハサミや鼻毛カッターなどをして処理していました。

鼻毛はぱっと見そんなに気にならないことですが、他人に指摘されると、それ以外の人は気にしていないけれど、誰よりも一番自分が気にしていることなので、一番悩みました。高校へ進学を機にゴッソや脱毛クリームなどをしたり鼻毛を切るよりも脱毛するようになりました。最初のうちは効果がありましたが、自分でも未だにわかりませんが、前以上に酷くなった気がします。

伸びるのも早いですし、何よりもとても長い鼻毛でした、やはり高校でもたまにですが鼻毛でてるよなど言われたりしました。とても悩みました。私は高校を卒業したと同時に大学入学までの期間お金を貯めて美容外科で鼻毛の脱毛をすることを決意しました。

何度も切ったり、脱毛クリーム塗ったりしても伸びてくるものなので、お金はかかりますが、脱毛することで改善できるのではないかとおもったからです。

現在と合わせて2回ほど脱毛に行きましたが、痛みもなく、何より今では、悩みでもあり隠れたコンプレックスでもあったので、脱毛してとても良かったと思います。

鼻下脱毛とは何かしら上手く

鼻下の脱毛というのはなかなか難しいことになるでしょうが、それでも十分にしっかりとやる価値があるでしょう。やり方はいくつもあるのですがその一つがカミソリになります。

しかし、これはあまり強くやりますとカミソリ負けをすることになります。これがどうしても大きなデメリットになることがありますから、覚悟しておきましょう。

そして、カミソリを使っていると肌が赤くなったりすることもあります。つまりは、そこが腫れてしまう、ということがあるわけです。カミソリ負けによって化粧がしにくくなる、ということがありますから男性はともかくとして女性の場合はそれがネックとなることでしょう。

そして、鼻下の脱毛としてカミソリで処理していると次の毛はやや濃くなる、という傾向もあります。これがカミソリで処理するときの最大のネックといえるでしょう。カミソリを使って処理をすると次の毛はより力強く生えてきてしまうことがありますから、これは本当に注意しておいたほうがよいでしょう。

そこがネックではありますがそれでも女性は鼻下の脱毛をとにかくしないといけないといえる状況になりますから、やり方自体はいくつも知っておいたほうがよいでしょう。それがまさに基本的なことになることでしょう。

家庭用の脱毛器で鼻下の脱毛

顔の産毛、鼻下の脱毛というのはいろいろやれる方法があるわけですが、家庭用脱毛器がかなりお勧めできます。最近では脱毛サロンなどでやる人もいますが、基本的には自宅でもこうした機械は使うことができるようになっています。

それは何故かといいますと別に医療機器でもなんでもないからです。レーザー脱毛のような機械ではないので実は家庭用のものが販売されているのです。これによって鼻下の脱毛を自己処理することができるようになっています。

脱毛器にもよりますが、脱毛サロンで使用しているものを買うことができるようになります。多少、痛みがありますから、これは注意しておきましょう。しかし、それでも十分に綺麗にできるようになる、というのは実は有難いことでしょう。

家庭用というのは、そこまで出力がないともいえますから、ある意味では安心して使うことができるといえるでしょう。鼻下の脱毛をするときには女性にとってはまずは肌を痛めないようにしたいところでしょうから、これはよく知っておきましょう。

カミソリで処理をする、というのは意外と肌に負担がありますから、注意しましょう。

しかし、それでも最も気軽にやることができるようになることでしょう。

鼻下の脱毛の痛みは?

脱毛を行う時に気になるのが、痛みや刺激の場合が多いです。折角綺麗になるために申し込んでも、激痛を感じながら施術を受けるのは少し勿体ないです。回数をこなさないと結果が現れないのが脱毛で、痛みが強いと足が遠のいてしまいやすいです。

メラニン色素に反応する事で起こる脱毛方法であるのが、エステやクリニックです。肌が弱い部分や毛が太くて濃い部分や密度が多い部分は、刺激を受けやすいくなります。

しかし通常は技術を行う前に熱に負けないように、充分に患部を冷やしたりして行っていくので激痛で耐えられない程にはならないです。

従来のニードル脱毛は、通常は例えばワキの脱毛での痛みの刺激の度合いをがゴムで手の甲をぱちんとはじくような間隔に近いです。体はそこまで感じないが、顔等の肌が薄くて弱い部分は個人差があり刺激を感じる人もいます。特に鼻下は人間の急所でもあるので、元から弱い箇所になります。

多少刺激を感じる事はあるが、痛みが弱い人は施術前のカウンセリングの時にスタッフに患部を充分冷やしてもらえるように伝えておくと良いです。患部を冷やすだけでも、だいぶ軽減されます。施術ではなるべく痛みを感じにくいように、行っていきます。